読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろしコンフォーコ

ツィンク奏者が物知り顔であれこれ語ろうとするものの、ちっとも上手くいかないブログ。

春は卒業シーズン。いや、お酒の話です。

全くもって唐突ながらお酒を辞めることにした。

それは、宙から彗星が降ってきて君の名は。の主題歌が流れるかの如く唐突に、実に唐突に終焉を迎えるのである。

 

終わりというはいつも唐突ではないにしても呆気ないものだ。

 

お酒が好きだと思っていた

僕はお酒が好きだ、と思っていた。
否、これは今はそう思うというだけで、実際に好きだった時期も長かっただろう。

毎日飲んでることもあったし、おいしいとも思う。
今でも、お酒の席での定番メニューを思い描くだけで、よだれを垂らしそうになる。

 

でも、結局は惰性で飲んでいたに過ぎない。
もともとそうだったのか、いつかの時点でそうなったのかは分からない。
今となっては、惰性で飲んでいたのである。

 

お酒の席に行けば、なんとなく飲みたい気がしたり、焼き鳥を頬張ればビールを片手にしたくなる。

 

僕にとってお酒というのは、そういう条件反射的なものなのである。

 

かと言って嫌いかと言われたらそうじゃない。
好きじゃないこともないだろう。
でも、昔に比べるとおいしいと思うことが少なくなったのは事実である。

 

だからこそ、僕は以前は毎日のように決行されていた宅飲みをしなくなったのだ。

 

酒を惰性で飲むなんて勿体ないことこの上ないし、楽しさ半減するし、何よりダサい。

こういう飲酒習慣とはオサラバするのが吉だろう。

 

二日酔いと寝不足

僕はお酒を飲むとほとんど毎回のように二日酔いになる。
それもそのはず。
朝まで飲むのだから。
誰だって朝まで飲んでたら二日酔いになる。

 

それはもはや二日酔いじゃなくてその日酔い。

お酒を飲んで少し眠ったに過ぎない。

 

僕は嫌いなんだよねぇ、、二日酔いって。

まぁ好きな人はいないだろうけど、ただでさえお腹が弱いのに胃腸へのダメージハンパないし、今は仮にも(というかガッツリか…w)療養中の身。
体調が優れないところに二日酔いって最悪。

悪の帝王とかと戦うよりタチ悪い。

 

戦ったことないけどさ、まだ。

 

そして、二日酔いならぬその日酔いなのだから、その日一日はほとんど寝ていない状態で過ごすことになる。
寝不足もいいところだ。
それがその翌日にも響いて寝不足いつまで続くのって。

眠りが極端に浅くなってるのだろう。

 

まぁ寝不足は僕の平常運転だけど、それがもっと酷くなるともう手が付けられない。

お酒を飲むとそういう状態になるってことだ。

 

寝不足の影響は計り知れない。
睡眠を制する者は人生を制するとは、よく言ったものである。

 

そんな言葉聞いたことないけど。

 

だから、それを邪魔するお酒は排除せねば!というわけである。

 

実際、昨年胃カメラを入れた時に発覚したことだが、知らぬ間に胃潰瘍や肝臓をやられたりしていたらしい。

という訳で、基本的にはお酒を辞めようというのは、身心の健康の為ということだ。

 

朝まで飲まなきゃいい?

朝まで飲まなきゃいいじゃん!!

きっと、みんなそう思ったに違いない。
それは正しい。

 

でも、それは無理なのだ!!

 

今まで、お酒を飲んで朝まで飲まなかったことの方が珍しい僕にとって、それは修行僧の類でなければ成しえない高尚なことなのだ。

 

凡人の僕にそんなことが出来るはずがない。

 

朝までしか飲んだことがないとは、いつもながら脚色に富んだ表現ではあるが、それくらいに朝まで飲まないということが僕には難しいことなのだ。

 

朝まで、と書いたがこれは時間的リミットを差す。

言い換えるなれば、僕は何らかのリミットを迎えるまでは飲み続けてしまうということだ。

その多くは時間的リミットである。
もしも、この世がずっと夜であるのならば、僕は間違いなく倒れるまで飲み続けるであろう。

 

いや、普通は時間的リミットよりもそっちの方が多いのかもしれない。
眠たいとか、もう気持ち悪いとか、フラフラになってるとか。

しかし、残念ながら、僕はそんなか弱い乙女的萌え要素は持ち合わせていない。
相当に体調が悪いのでなければずっと飲んでいられる。

 

そう、アホなのである。

 

そして、リミットを迎えるまで飲み続けてしまう理由の一つとして考えられるのは、前頭葉の働きの不足だ。
自制心が弱い状態だと言ってもいいかもしれない。

これが一時的か普遍かは現段階では分からない。

そんな人間がお酒を飲むとどうなるか、想像に易い。
少量のお酒で自制心はあっという間に空の彼方へと消えてしまうのである。

いや、僕の場合はお酒を飲もうと思っている段階で自制心は吹っ飛び始めているのかもしれない。

 

そんなわけで、端からお酒を辞めてやろうじゃないかと。

僕にはその必要があるのだ。

 

僕を知っている人からすれば、「アイツから酒を取ったら何が残るのだ?」と思うことであろう。

実に失礼な輩である。

しかし、反論はすまい。

反論できないわけじゃないぞ?

いや、本当だ。当り前ではないか。

僕を誰だと思っているのだ?

 

 

終わりというのは、唐突に現れるのである。